砂漠(徒歩日本縦断#35)

今日は村上市の道の駅神林で起床

2年前にもお世話になったこの道の駅は広い東屋があるし静かなので今年も快眠できた

そんな今日は最高気温35度予報

今年初めての猛暑日での旅路となるので大量の水分を確保して

36キロ先の道の駅豊栄を目指して歩きはじめる

田園風景の中を歩いて

白鳥のいる池をみて

川を渡って海沿いの道に出た頃。ちょうど朝8時頃から太陽が急に本気を出し始めた

とにかく暑い。北海道や東北と違ってムシムシしていて気づいたらシャツどころかパンツまで汗で濡れていた。まだ朝の8時なのに…先が思いやられる…

そしてここから20キロ以上は海沿いの道

午前9時の段階で31度に達した気温が牙を剥き始める

最初こそ防風林?の松並木だったので日陰があって救われたが、それも5キロくらい歩けば

カラッカラの砂地にたまに木が生えてるくらい。まるで砂丘のようになる

それでもなんとか次の町

胎内市に入るが、ここから気温はさらに上昇。

砂漠を彷徨うナメクジになった気分だ

9月が夏の終わりって言ったやつ誰だ

残暑じゃなくてこれは紛れもなく夏の暑さだ

夏が過ぎても風なんてあざまないじゃないか

8月が終わったからって油断したらこうなる

唇が乾燥し始めた、これは4年間真夏を旅してきた横石的に身体が水分を求めてる証拠なので水を惜しまずがぶ飲み。

それでもしんどい。だけどこんな日陰一つない砂漠のような場所で休憩したら本当に屍になりそうなので水分を補給しながらも歩みは止めない。

オアシスが何もない砂漠を彷徨うこと23キロ

次の町新発田市に入って

遠くに「7」というオアシスが見えた

待ってましたとばかりに飛び込む

日陰最高

午前11時までぶっ通しで23キロ歩き続けて、どうにか一番暑くなる時間帯の前にオアシスに逃げ込めた。

とりあえずご飯をかきこんで体力が落ちないようにして麦茶がぶ飲み。

砂漠で野垂れ死ぬという最悪の事態は免れたけど、なかなか日陰から出れない。日陰最高病が発症したみたいだ。

そうやってうだうだしてたらここら辺の公園を管理してるおじさんが声をかけてくれた

おじさんによるとさっき通ってきた胎内市は今年40.7度を記録して日本で二番目に暑い町らしい。そりゃ砂漠をさまよった気分になるわ

そんなおじさんと日陰で談笑していたが、そろそろ仕事に戻るみたいだ。こんな暑い中お勤めご苦労様ですと心からのお見送りをしようとしたら

魔法のドリンクを差し入れてくれた

次はおじさん最高病が発症した。

時刻はもう12時になっていたが魔材を身体に入れたら力が湧いてきた

おじさんの車を見送ってすぐに覚悟を決めて歩き出す。残り13キロまで詰めていたので、ここからはこまめに休憩を取る作戦だ。

オアシスで出発前に買ったキンキンに冷えた麦茶を首筋に当てながら歩く。

これがまたなかなかいい作戦で、歩きを再開してから3キロ程度は暑さをあまり感じずに歩けた。

だがここからが問題だ。

ものの30分前までキンキンだった麦茶がいつのまにかホットになっている。

誰だよ間違えてホットボタン押したやつ

たまらずまた次の7に立ち寄る

この7は打ち水してくれてて本当にオアシスだった。今度こそキンキンに冷えた麦茶を購入して残り7キロ無心で歩く

そして午後3時

辿り着いたぞ目的地

日陰病でうだうだしてた割になかなか早く辿り着いた。

そしてこの道の駅豊栄は道の駅発祥の地らしいけど、横石はこの文字を山口の道の駅阿武町でもみたことがあるけど、果たしてどっちが発祥の地なのか、または両方で正解なのか…

3時についても暇なので

木陰のベンチに寝転んで本読みながら休憩

途中からウトウトしている間に蚊に食われまくったけど、まぁ涼しいから全てを許そう。砂漠のナメクジよりはマシだろう。

明日はいよいよ大都会新潟市へ

同じ大学で日本一周してるヨツくんの実家にお世話になる予定だ。久しぶりにゆっくり出来そうな予感。

歩行距離 36キロ

新潟県村上市→新潟市

総歩行距離 1132キロ

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます!明日、重大報告があります。

そしてブログランキングにも参加しているので是非下の日本一周ボタンを押して応援してください!

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です