夏の始まり(徒歩日本横断#7)

7日目の今日は白糠町の道の駅で起床

今日は久しぶりに晴天予報。北海道の横石のいる地域は一気に10度ほど上がるらしい。

熱中症の心配がかなりあるため、嬉しさ半分不安半分ではあるが、道の駅野宿のためテントは早めに撤収し歩き始める。


まずは白糠の市街地に向かって進む

釧白工業地帯と言われる海沿いの工業地帯を進んでいくと、庶路→白糠と釧路より東では見なかったようなそこそこの街並みが続く

そして庶路に入る手前でまたもや出会い

2年前の自転車日本一周の時に斜里町のライダーハウスクリオネで仲良くなった、たかあきさんというライダーさんが大量の差し入れを手にして現れてくれたのだ…

2年ぶりではあったが、旅人の繋がりって切っても切れない感じがする。毎年連絡を取り合うわけでもなく、でもこの道の上でまた出会える。そんな付かず離れずの関係は本当に好きだ。ズブズブしている関係よりよっぽどさっぱりしている。

沢山の写真を撮って、晴天の北海道の下で再会を誓い別れた。必ずまた会うんだろうなぁ、しかもお互い地元でもない北海道で笑

もらった差し入れの中に北海道限定のガラナがあったので、エネルギー補給をしながらどんどん晴れてくる白糠市街地をひたすら西へ

これまでの道東は夏なのにむしろ寒くて白い息も出てくるくらいだったから、今日の32度は横石にとって殺人的な暑さだ。10キロで1リットルは水を飲むようにしながら、慎重に先へ進む。

(ちなみに白糠町は鍛高譚の地元だよ)

白糠市街地を抜けると、日陰も何もない広大な草原と海が広がり、益々暑さがきつい。

さらにいうと暑くなってきてアブが大量発生しているので山に入ると常時5匹に付き纏われる始末だ。暑くて疲れも溜まる中でアブの相手もしながら山を登り下りしていく。ちなみに今日だけで20匹以上潰したし10箇所くらいは刺された。

だが、アブがいるということはやはり大自然で、それだけの風景があるということ

北海道ならではの広大な沼や

どこか寂れた雰囲気のある廃駅で休憩したり

ここで沢山の人が乗り降りしていたとは思えない


誰も見向きもしない踏切に見とれたり

夏の入り口


晴れて暑くなったからこそ、熱中症や日焼けがベロンベロンになり疲れがたまる辛さもあるが、なによりも美しくそこに存在している風景に出会える。

そんな、暑さと戦いながら真夏を満喫する順調な今日の旅路に唯一楔を打ち込む存在があった。

それが、「膝」

今まで徒歩日本縦断の時から膝が痛くなったことはないが(あの距離歩いててそれもおかしいかも笑)今回初めて左膝の外側に違和感がある。特に長い距離を歩いた後の下り坂で小さく痛む違和感があるのだ。

こういう兆候を見逃して歩き続けると、いずれ膝を壊すだろうと心配して即座にストップ。ネットサーフィンをして当てはまる症状からどんな怪我の兆候なのか探すと。

「ランナー膝」なるものを見つけた

要するに言葉の通り長距離ランナーの多くが経験する怪我で、オーバーユース(使いすぎ)が原因になることが多いらしい。

だが、使いすぎとは言っても徒歩日本縦断の時にあれほど使っていたのに痛くならなかったくせに、たかだか歩き始めたばかりのこの膝が痛むのは不思議だ。

よく調べてみると(筋肉がついていない状態で過度に膝を酷使するとなる恐れがある)

「なるほどこれだ!」確かに去年の歩き始めより慣れている分、距離を長めに歩いているし、筋肉もつききってない。そしてもうひとつ調べていて心当たりがあったのはやはり「歩き方」

横石は猫背で歩いている事が多く、足の使い方は靴底のすり減り方でも分かる通り上手く使えているが、どうやらお尻の筋肉をちゃんと使えていないらしい。そこから連動する神経が多少摩擦で炎症を起こす痛みらしいなので、根本から解決するにはやはり歩き方自体を変えるしかない。

理想は背筋をピンと伸ばした誰が見ても美しい歩き方。なんていうのは分かるが、ここで歩き方を変えなければ今回の歩き旅はリタイアになってしまうかもしれない。

4000キロ付き合ったこの歩き方と別れるのはなかなか勇気がいるが、いまこそ変化しなければいけない時だと、身体の悲鳴がそう言っている気がした。

そこからの歩き方は背筋を意識して、ただまっすぐ前を向いて歩いた。背筋を意識する分肩などにはいつも以上の負担がのしかかるが、肩などいくら痛くても歩ける。だが膝が壊れてはもう歩けないのだ。

「我慢我慢」「忍耐忍耐」そう唱えながらひたすら歩く。ただまっすぐに。

すると確かに膝の痛みは消え、山道の上り下りも痛くない。他の箇所に負担はかかるが、確かに美しく歩けている自分がいる。

そして歩き始めてから2日連続での40キロを超えた山の中…今日の主役でありヒーローが現れた…

颯爽とハーレーに乗って…

そう、実は今日は2年前にライダーハウスで出会ってから毎年恒例の旅の兄貴が今年もやってきてくれたのだ。今年は同じライダーハウスで出会った通称「先生」もつれて。

今日はこれから2ケツしてもらって近くのキャンプ場に連れてきてもらって宴会だ(もちろん明日は拾われた場所からスタートするよ)

楽しみだ!楽しみすぎる…これがあるから頑張って歩いたのだ

(ちなみに今日は兄貴と合流するまで歩いてたからなんだかんだ2日連続40キロ超えて41キロ歩いてた笑)

明日の予定は未定なり。泥酔しないことを祈っています笑笑

歩行距離 41キロ

北海道白糠町→浦幌町

総歩行距離 248キロ

今日もブログを読んでくださってありがとうございます!ブログランキングにも参加しているので是非下の日本一周ボタンを押して応援してください!

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ


にほんブログ村

6 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です