アルキビト(徒歩日本横断#28)

28日目の今日は道の駅石鳥谷の情報センターのベンチで起床

結構道の駅の情報センターってトイレとセットになってることが多いから人の出入りが多くて寝にくいんだけど、ここはトイレが別にあるおかげでほとんど人は入って来ずにいい環境だった。

強いて言うなら昨晩、地元のおっさんに永遠と学歴と仕事のお話をされたことだけが後悔。なんかついつい「ビール買ってあげるからお話付き合ってよ」って言われたから「んー。ビール飲めるし、お話ししたいのかなー」って思って了承したらえげつないほど偏見に塗れた話をされた。まぁ言うなれば「学歴、会社名至上主義」みたいな感じだ。しかも本人は中卒というおまけ付き。そんな話に付き合うなら普通にビール飲まなくていいから早く寝かせて欲しかった…

最後には「新聞置いとくから見とけよー」と謎に新聞を置いていかれたけど、もうこれじゃあ本物の浮浪者になっちゃうよ僕。「新聞、酒、寝袋」ってもうステレオタイプまっしぐらの浮浪者だよ…まぁ読ませてもらったけど笑笑

そんな今日はテントの撤収が無いので早めに準備を終えて6時過ぎに歩き始める。野宿場所はまだ決めていないが、とりあえず最低40キロは仙台方面に南下するつもりでスタートだ。

天気は曇り空にたまに晴れ間が見える程度。降水確率は40%だが、いつ降るかもわからない天気が1日続くらしいので、気温としてはありがたいがあまり楽しみがない日になりそうだ。

「仙台まで155キロかぁ…野宿場所の関係でもう少し距離は伸びそうだけど、大体5日かなぁ…」なんて具合にそろそろ距離感と勘定がバグってきている。もはや「5日歩かなきゃ辿りつかない」なんてマイナス思考にはならず、ただその距離数から日数をざっと計算するマシンになっている。

国道4号を花巻市街に10キロほど進み8時ごろにちょうど奴が現れた。

甘美な「すき家」という響き。朝定食で牛丼豚汁セットを500円で食べられるので、ここはすき家一択だ。今日は長い旅路になりそうなのでしっかりエネルギーチャージしておかなければ…

やっぱり歩き旅も自転車旅も朝の食事が1番大事な気がする。長い1日を占うエネルギーになるからね

そして盛岡から南の国道4号は本格的につまらなくなってきた。盛岡→花巻→北上→奥州→一関ととにかく岩手ベスト5の都市が乱立するから、その分ただの幹線道路と化す。まぁこういう日に曇りなのは逆にラッキーだったかもなぁ。晴れだったら面白い風景ないくせに暑くて、本当に死んでしまうかもしれない。

そうこう言って歩いているうちに北上市に入り、歩行距離も10時半で20キロ突破。やはり今日は40キロ以上歩けるなぁ…なんて思いながらしっかり休憩を挟み

相変わらず「地方都市の幹線道路の典型」と言った景色をひたすら南へ。

道中一瞬の晴れ間が何度か見えるが、そのたびに目の前を覆う厚い雲からいつ雨が降り出すか気になってしまう。湿度も高いし降り出しそう…なんて思ってたら本当に10分ほど降ってまた晴れたり、本当に変わりやすい天気だ。

まぁでも太陽が見えるとやっぱり嬉しいなぁ

3日前ほどの猛暑は流石にしんどいけど、それでもこの太陽の下でじりじり焼かれながら歩くことこそ、徒歩旅の真骨頂なのだ。横石は汗をかいてこその旅人だから。

道中は本当に見るものがないので、ただひたすら道端を眺めていた。するとある一つの道端の小さな野の花ばたけに色とりどりの蝶が何匹もひらひら舞う。そんな光景が幸せで、思わずにやけながらシャッターを押した。ここは横石の秘密の花園にしておこうかな。

気づけば午後3時半。気温の低さも手伝ってここまで快調に最低ラインにしていた40キロを歩いてきた。そして奥州市の中心地水沢に入ると

まさかのここでお出まし。旅人最強の味方快活クラブ。今の横石にとって美女のハニトラよりよっぽど狡猾なトラップ。しかももう40キロ歩いていてだいぶ疲労も溜まっている。ここは快活クラブに泊まるのが1番いいんじゃないか…本気で迷って料金体系をチェックすると「ナイトパック8時間1600円」うーん、これは高い。しかもナイトパックは21時からの適用なので、それまで5時間も暇をつぶすのは勿体無いし…

迷った末、今回はネカフェを見送ることにした。だがそろそろ本格的に野宿場所を探さなければ…候補は7キロ先の道の駅だが、どうも狭くて野宿しにくそう…という時にふと見つけた救世主

なんと!ここから10キロ先に本州では幻のライダーハウスがあるではないか!しかも1000円でもちろん時間制限はないからゆっくり寝れるしシャワーも浴びれる!?見つけてすぐに電話した。心配なのはコロナで閉鎖していないかだ。

電話に出た優しそうなおっちゃんに閉鎖していないことを聞き、すぐに予約。

今日はこれで今年初の50キロ歩くことが確定したが、これは良い流れだ。いつかは今年も50キロを歩かなければいけないなぁと思っていたし(50キロを歩いたという事実は自分の自信になって今後の旅路を楽にする)50キロ歩いた末に安眠の地があるなんて、ここで50の壁を越えなくていつ越えるんだレベルのチャンス。

と、意気揚々と歩き始めたのは良かったが、40キロを歩いてさらに残り10キロは正直きつかった。バックパックの重さはプラス5キロくらいの気持ちでズンとのし掛かるし、45キロ地点を越えてからの残り5キロからは足が鉛のように重くなる。

そんな辛さの中で横石は去年を思い出していた

そう。1200キロを24日で踏破したお遍路の時だ

あの時は毎日50キロ平均で歩き通していたが(しかも道も過酷な未舗装の山道ばかり)思い出は美化されるもので今年の旅を始める当初「去年の俺は最強だったんだな」としか思っていなかった。

だが、今日、今年初めての50キロ越えに挑んで再確認する。

「そういえば、去年のお遍路の時も毎日こんな感じだったなぁ。なんど辛くて苦しくてもうやめてしまおうと思ったことか」

そう。去年の横石は決して最強なんかじゃなく、今と変わらなく悶え苦しむ独りの歩き人だったのだ。

ただ、一つだけ最強だったことがある。それは毎日、終わりの見えない果てしないキツさに耐えて、自分に勝ち続けてきたということだ。

あの時は越えてきた精神と体力の壁を、今超えられない訳はない。いや、もし今超えられないのだとしたら、もうこの旅はきっぱりやめるべきだ。そうとさえ思った。去年の自分に負けることが何よりも悔しかった。

自分の頬を引っ叩いて、残り5キロを歩く

いくぜアルキビト。

不思議とそう思った瞬間、歩調は上がる。

そして最後まで時速5キロを維持し続けて18時前に無事ゴール。今年初の50キロ達成だ

ご褒美はこの広すぎる空間での安眠。

今日はさすがに疲れた。ゆっくり寝て体力を回復しよう。もともと明日は観光なども織り交ぜてあまり歩く予定ではなかったので、しっかり眠れそうだ。それではまた明日。みちのくの旅路も中盤なり。

歩行距離 50キロ

岩手県花巻市→奥州市

総歩行距離 849キロ

今日もブログを読んでくださりありがとうございます!ブログランキングにも参加しているので是非下の日本一周ボタンを押して応援してください!

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ


にほんブログ村

7 件のコメント

  • こんにちは 早いですね、もう前沢ですかー。明日四号歩いてたらお声かけますねー。頑張ってください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です