双脚(徒歩日本横断#34)

34日目の今日は今年の旅初めてのネカフェで起床。9時間ナイトパック1200円という宮城県地域のネカフェで安くて入ったのだが、冷房が効きすぎだった。やっちまったー…もう少し着込んで寝ればよかった…

朝起きると苫小牧以来の寒暖差アレルギーで水のような鼻水とくしゃみが止まらない…

身体がだるいとかは一切ないのだが、くしゃみ連発すると変に体力奪われるんだよなぁ…

今日は福島市街まで48キロを歩く長丁場なので、くしゃみ如きに体力を奪われたくはないが、まぁ仕方ない。なるようになるさ、と朝の5時にはネカフェを出て、のんびり朝飯を食べてまだ鳥も寝ぼけている5時45分に歩き始める。

最悪体力を奪われても、この時間から歩きはじめたら48キロをなんとか日暮れ前までに歩けるだろう。

そんな今日は全ての行程を国道4号だ。

まぁ後で説明しようと思うが、今日で国道4号とはおさらばするつもりなので、最後にこいつと遊んでやるかという気持ちで、福島市街までの48キロを歩き出す。

朝から天気は悪くない。

九州地方では台風10号がちょうど最接近している時間で、親戚が沢山いる横石にとっては自分の旅よりそっちの方が気になってしまう。リアルタイムで状況を確認しながら、国道4号をひたすら南下。幸い想定よりは被害も抑えられているようなので、少し安心して歩く。

「お前自分のこと心配しろよ!」

と思うかもしれないが、国道4号をひたすら南下するだけの今の横石にはあまり心配ごとがないんだよなぁ。距離は48キロで長いけど絶対迷わないし、獣とかも出ないだろうし、風景も面白くないし…強いていうなら鼻水とくしゃみでどんどん削られる自分の体力が心配だが、いまさらどうにかすることでもない。治せるならとっくに治しとるわ!

今日は調子自体はだいぶ良いみたいだ。

予定より早く、午前7時半には白石市に入り午前8時半には14キロを歩いて最初の休憩。

休憩のコンビニではありがたいことにSNSのフォロワーさんから差し入れもいただき、水分もバッチリだ。鼻から抜けていく水分を口から吸収だぜ。

白石市街を抜けると峠道が待っているが、斜度自体はたいしたことのない緩い坂道を標高200まで登るだけなのでここもあまり心配にはならない。

気づけば東京までは300キロを切っていた(まあ4号をまっすぐ行ったらの話だけど)

実はルート選択について、横石は福島市から4号を通って東京方面に向かうのではなく、山を越えていわきに向かって海沿いに向かうことを決めていた。

理由としては

①単純に国道4号というどでかい幹線道路に飽きた

②いわきは自転車でも徒歩でも訪れたことがない

③純粋に本州に入ってからの400キロくらいはひたすら内陸でそろそろ海が見たい

という理由だけでしっかり100キロほど遠回りして東京方面に向かうつもりだ。道草こそ旅の醍醐味。去年お遍路で1200キロという壮大な道草を食べた横石にとって100キロは本当に「まぁいくかー」みたいな感覚なのだ。

ちなみにいわきからはまだ未定だが、しばらく海沿いを歩いてからまた内陸に戻って茨城を横断し栃木に向かうという説が濃厚である。関東はジグザグ進むことになるかもしれない。

ここにきてだんだん変態感が増してきた気がする。まぁそれが元の横石だと突っ込まれそうな気もするが。

話は逸れたが、緩い峠を鼻水を垂らしながらも順調に登っているとき、自転車の時もお世話になった方が応援に駆けつけてくれたりした。写真は恥ずかしいからとNGだったが、本当にまた様々な差し入れとエールをいただき、気合も万端でだんだん暑くなってきた峠道を登り続ける

気温は32度ほどになっていたが、やはり何日か前のように湿気はなく歩きやすい。段々と秋になっていくに従って横石の歩調も早くなっているようで、12時半でこの旅最速で30キロを歩き切り

東北最後の都道府県、福島県にイーーン!

ここまで東北は約400キロ歩いてきたが、岩手に次いで都道府県面積ランキング3位につけるのがこの福島だ。きっとアルキビトを楽しませてくれるに違いない…と思っていたら

いきなり目の前に現れる雨柱、もうすぐここもゲリラ来そうだから早く軒下を探さなきゃ!とおろおろしているうちに

一瞬で土砂降りになり

一瞬でまた晴れてしまった。

うん、やっぱり福島は楽しませてくれそうじゃん?手荒い歓迎ありがとう。これからガンガン歩いていくぜ。と思いながらも福島は縦じゃなく横にでかいので縦に歩く横石は結構すぐ抜けてしまいそうな気もするから、沢山楽しまなきゃ!

看板には遂に出てくる関東の地名。

改めて北海道から来た道のりを思いながら歩みを進めて、午後4時には44キロを歩き切って福島市街に入った。やはり今日はものすごく速い。意識しているわけでもないし、鼻水とくしゃみで散々体力を削られているにもかかわらず今までで1番早いあたり、しっかり鍛え上げた筋肉が作動しているのがわかる。

そして目的地の福島駅までは残り4キロ。まだ時間に余裕はあるので

この旅始めてのコインランドリーだ

この1ヶ月は人の家だったり手洗いした後に宿に備え付けられている100円乾燥機とかを使っていた。だいぶ節約になっただろう。

だけどもこのコインランドリーで待つ時間は結構好きだ。歩くことを強制的にストップされる分心置きなく休憩できるから。横石は進みたくて仕方ない部類の人間なので、こうやってストップされないとすぐに歩いてしまうのだ。たまにはゆとりも大事。

そしてゆっくり1時間洗濯物を回し

午後6時過ぎに無事福島駅に到着!

48キロという長丁場を無事踏破して向かったのは

ホテル!

実は今日もある人にホテルをとっていただいたのだ…その人とは…

皆さん知ってる方もいらっしゃるであろう

去年新潟で偶然出会った赤い甲胄を纏ってキックボードで日本縦断をしていたサムライさんだ。

サムライさんは著名人ということもあって、発信メインの旅をしていたので今回の旅はコロナで中断を余儀なくされたが、それでも横石の旅路を応援したいと声をかけてくださりこうしてホテルをとってくださった…盛岡仙台に続き、東北全ての都市でホテル泊ができてしまった事実。横石はたくさんの人に背中を押されて、今こうやって歩けていることを改めて感じる。この旅路はもちろん横石の旅路だし、大切にしているものもロマンという名の自己満足だが、そんな自己満足にも賛同してくださる方が沢山いて、こうして差し入れももちろん、様々な形で背中を押してくださっているのだ。それが明日も進む活力になる。

横石はもはや、1人だけのものではないこの足で

きっとどこへでもいける。

歩行距離 48キロ

宮城県大河原町→福島県福島市

総歩行距離 1061キロ

今日もブログを読んでくださりありがとうございます!ブログランキングにも参加しているので是非下の日本一周ボタンを押して応援してください!

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です