サンダルリープ(徒歩日本横断#38)

38日目の今日はいわきの快活クラブで起床

今快活では300円オフクーポンと学割20%引きが併用できて激安なのだ。しかもシャワー無料とモーニング食べ放題があるので、実質1000円以下で12時間休めるレベルで、貧乏旅人には本当にありがたい。

例に漏れず、大量のポテトとパンで偏った朝食を済ませ、若干胃もたれ気味の朝を迎えながらも7時半に歩き始める。

今日の行程としてはまず28キロほど福島最後の街いわきを南下した後に、いよいよ関東地方、茨城県に上陸する。そして茨城を10キロほど進んだ後は、明日の大雨予報や野宿先がそもそも無いこと、そしていわきで夜予定があることも考慮し、磯原駅で電車に乗りいわきに戻る。ヒトマスモドル。明日の朝にまたいわきから磯原まで来て、そこから歩行再開だ。距離にして39キロほどの道のり。

そしてまずはいわき市街から国道6号へ

本当は宮城から国道6号を通っていわきまで来たかったが、原発の影響で自転車やバイク、徒歩は通行止めなので、いわきまで降りてやっと合流することができた。

そんな6号は横石に熱い洗礼をプレゼント

まさか一桁国道ともあろう大動脈の歩道がジャングルになっているとは…本当は車道の路側帯を歩きたいが、トラックが容赦なく走り去っていくので「命よりはクモの巣に引っかかるのも致し方無し…」ともはや藪漕ぎと化した歩道を悲鳴を上げながら突き進む。

案の定クモの巣だらけ、よくわからない虫も大量にくっついてくるハッピーセットっぷりだ。

どうか国土交通省さん、こういうところをしっかりお願いします。

そんな藪漕ぎを繰り返しながら進んでいくと、やっと歩道のジャングルも落ち着き

なんと今日も雨予報だったのが、しっかり晴れる。一昨日から3日連続で雨予報の中の晴れだ。まぁ嬉しいけどさ、嬉しいけど少し暑いよね?太陽さん。

気づけば夏に囲まれていた

魅かれ 離れ 時が過ぎて
揺れる 揺れる 夏を見てた
心臓の暴走も止められないで
永遠にそれを繰り返すんだろうな

迫りくる入道雲を眺めていると急に湧き立つ感情

「海が見たい!!」

そう、横石は東北の2週間以上に及ぶ旅路でまだ一度も海沿いを通っていないのだ。このまま今日国道6号をまっすぐいけば海沿いに出るのだが、本能が叫んでいた「今だ!今いくんだ!」

この晴れのチャンスを逃したら午後からは曇りや雨かもしれない。元々雨予報の今日で奇跡の晴れ間が見える今このタイミングで海を見たい!横石は海が見たい!

みたいみたいみたいみたいみたいみたい

気づけば国道6号を海沿いにそれ、本来の想定距離よりも2キロ以上遠回りして海へと歩みを進める。歩調は早くなっていき、だんだんと漂ってくる久しい潮の香りと波の音に胸の鼓動も高まる。汗ばむ身体もどこか心地良い。

そして目の前に現れた防潮堤

最後まで焦らしてくれるぜこの野郎

このアスファルトの先に、きっと夏が広がっている。

流れる汗も気にせず駆け上がる

右の裸足 散る三日月
知らない海辺をただ歩いて
浮かぶ 浮かぶ 懐かしさが見えて
駆け出す 駆け出す 

防潮堤を登り、眩しい太陽の光から目を凝らすと、目の前には思い描いた通りの夏が広がっていた。

流れるように360度に広がる入道雲

青い海と打ち寄せる白波

誰もいない砂浜、風の音

ソーダのような空の色

本能が求めていたものそのままに広がる海を見て、動かなくなる。

16日ぶりの海は、眩しくてまぶしくて

だけれどもその眩しさに目を逸らせず、ただこの海を眺めていた。海沿い独特の少ししょっぱい涼風に包まれていた。

口の中が少しジャリジャリするなぁ、砂浜から舞い上がった砂かな。でもそれさえも、海だ。このジャリジャリさえも、今の横石にとっては「海」そのものなのだ!!

久しぶりに気持ちが上がる

徒歩旅の心持ちは、季節に例えると梅雨のようなものだ

もちろんそれは負のイメージの梅雨ではなく、しとしと降り続ける雨のように、一定の穏やかな気持ちで様々な風景を心に刻み、歩き続ける

だけどこの海を見た横石の気持ちは、そんな梅雨から一転して、突然降り始める驟雨のような、そんな心持ちだった。

そしてそんな久しい海を満喫し、歩き出した瞬間に空を覆う雲たち。晴れ間はなくなっていく

ありがとう神様。夏の海を見せてくれて

そしてナイス俺、よくこのタイミングで本能に従って海に来た!

そしてまた国道6号に戻り、いつ降り出すかわからないどんよりとした曇り空の淡々と歩く

もう横にあるのは灰色の海だ。

気持ちはすっかり、また梅雨のように穏やかに、それでももう直ぐ関東に辿り着くという高揚感とともに、前に進む。

そして短いトンネルを抜けた先に見えてくる

茨城県の文字

北海道から始まって、東北も青森→岩手→宮城→福島と560キロもの長距離を歩き抜き、いよいよ、関東民の横石にとって馴染み深い関東地方

茨城県だ

自分の足でこうして北海道の東の果てからここまで来れたこと、まだゴールは遥か先だが、やはり心にくるものがある。

よーーしー元気よく!

凛として!

茨城県にーーー

イーーン!!!

よっし!決まった!

雨も横石のいる地方は見事に避けているようで、ばっちしである。(数キロ東側は土砂降りだった)

今日はこのまま

関東に入ってからいきなり現れる幹線道路沿いの栄えた?街並みを味わって、10キロ程南下

目標だった磯原駅に到着し、予定通りにいわきへとんぼ返りだ。

これから楽しみにしていた予定とは、横石の旅路をずっと応援してくださっていた方といわきで飲むのだ!本当に順番はつけられないけど、いつも誰よりも気にかけてくださっていた方なので本当に楽しみ(ちなみに昼もわざわざ追いかけてくださり差し入れをくださった)

さ!夜も楽しんで行こう!明日は大雨だけど気分上げて行こう。

歩行距離 39キロ

福島県いわき市→茨城県北茨城市

総歩行距離 1216キロ

今日もブログを読んでくださりありがとうございます!ブログランキングにも参加しているので、是非下の日本一周ボタンを押して応援してください!

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ


にほんブログ村

3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です