踏みしめて(徒歩日本横断#78)

78日目の今日は鳥取県の入り口、岩美町の道の駅で起床

24時間空いてる休憩所の長椅子でのんびり寝ていたのだが、夜の10時過ぎに土砂降りの雨音で目が覚める

ピンポイント爆撃を食らっていた

全く雨予報がなかったし1時間前まで星も見えていたので驚いたが、それ以上に本当はキャンプ場がコロナで閉鎖していなかったらそっちに行く予定だったし、道の駅も休憩所が無かったらテントだったので、もしそうだったら確実に浸水コースの雨だ。

いやぁついてる。本当に運がいい

こういうタイミングでちゃっかり24時間空いてる休憩所にいれるのは本当に優越感でしかない

ありがたーく雨に濡れずに爆睡をかまし、旅にしては遅めの6時半に起床

前夜スーパーで買っておいたパンで朝ごはんを済ませて、テントを撤収する時間もないのでのんびりコーヒーを飲みながら一息。

と思ってコーヒーを買いにさっと休憩所から出てすぐ横の自販機に行って帰ってきた時、休憩所にいたじいさんになぜか呼び止められて怒られた

理由はこうだ

「荷物置いていくなんて常識なさすぎる。これが無くなったら真っ先に疑われるのは俺だろーがい」

いや、まぁ言ってることもわかるけど、、

貴重品は持ってるし、なによりこんな重い荷物をすぐ隣の自販機に行くためだけにもっていけないやろ。アホか。

「じーさん、あんたじゃ持てないし、たとえ持って逃げても走れないから大丈夫」と言ってやりたい気持ちを抑えて、「ごめんちゃい」とだけ言っておいた。

別に人の荷物にとやかく言わないで!しかも言うならもっと優しく言えばいいのになんで怒るの????

と思いながら後になって腹が立ってきたので、ゆっくりしたい気持ちもなくなりさっさと歩き出した

天気は今日も薄曇り

ちなみに今日はあまり歩かずに17キロ歩いて鳥取砂丘→鳥取駅を目指す。

実はまた毎度お世話になってる方が鳥取でホテルを取ってくださっていて、自分的にも京都から歩き続けてそろそろ充電関連も含めてゆっくりしたかったところだったので願ったり叶ったりだったのだ…なので実質半休日だ。

岩美から鳥取までは小さな峠を一本だけ越えるのだが、その峠の途中で右手に目をやると

遂に遠目に日本海

今回はずっと太平洋側を歩いてきたので、79日目にして初の日本海だ。早く目の前で見たいというはやる気持ちを抑えながら峠の頂上にて

鳥取市へ

そして峠を降りてから砂丘方面へつながる海沿いの道路へ右折する

鳥取といえばこの看板

多分日本でここらへんにしかないであろう

「飛砂注意」

この看板が見えると遂に砂丘が近くなってきた実感が湧いてきて、周りの風景も

高い木が無くなり、荒野のような風景となる

そもそも鳥取砂丘は日本海特有の北西の風で、砂が内陸に堆積してできたものなのだ。大量の砂を運ぶ日本海の風はやはり強く、そのため高い木も生えずにこのような風景になるのだろう

ちやみにどこだったっけなー。実は日本一でかい砂丘は鳥取ではなく東北のどこかにあるんだよなー。ただそこは確か自衛隊敷地内みたいな感じで観光とかできない感じなので、実質鳥取砂丘が日本一だ。

そんな砂丘に辿り着く前にまずは日本海を見ておかなければということで、道路脇からちょこっと入れる道に入り防砂林を抜け、海へ

白波の立つ日本海らしい日本海だ

山陰は曇りが多く住んでる人曰く「空が低く感じる」というのは有名な話で、実際冬場は全く晴れないらしいが、まさにそんな「空の低さ」と「波の荒さ」が日本海にたどり着いたことを教えてくれる。もちろん晴れて欲しいけどね?!

ただ達成感はきちんとある

と同時に不思議な気持ちだ

つい2週間前まで和歌山にある本州最南端の潮岬にいた横石。実質太平洋の1番南から2週間で日本海、しかも山陰へ来たのかと…歩くのも存外遅くはないよね。いや、感覚バグってるだけか

普通の人なら2週間旅行するって「長期旅行」なんだよなぁ。普通海外行くよな…それを歩いて太平洋から日本海って…なんか笑っちゃうな

贅沢な時間の使い方のような気もするし、ただのアホな気もするね

そんなこんなで日本海を堪能した後はいよいよ鳥取砂丘へ

そして鳥取砂丘ではなんと

まさかの雲が吹き飛んで晴れた

いや、たしかに「晴れて欲しいなぁ」とは思ってたけど、こんなに簡単に効果出る?!

今日ずっと曇り予報だったのに、今日1番楽しみにしていた鳥取砂丘に着いた途端晴れるんだもん。やっぱり持ってる男。

そして自転車日本一周で訪れた時も思ったが、やはり鳥取砂丘は広大で惚れ惚れする。ただの砂浜ではありえないような砂の山のような大きな起伏はまさに異国の大地の気分だ。

よく「鳥取砂丘思ったより小さかったー」なんて言う声を聞くが、それ何を想像してきたの?サハラ砂漠?そりゃサハラ砂漠と比べたら小さいけど、、、それでもやっぱり広いと思うけどなぁ、、

そんな鳥取砂丘を踏みしめて足跡を残す

こうやって当たり前のように日本の東の果てからここまで歩いてきたけど、その一歩一歩は決して当たり前じゃないよね。今こうやって鳥取砂丘の砂を踏みしめる瞬間があるのも、雨もあり猛暑もあり、寒さもあり、怪我もあり、そんな中でも地道に何百万歩もこの道を踏みしめ続けてきた証なんだよな。

よくよく考えたら途方もないことしてるんだなぁ俺は…そう、たまにそんなことを実感して、その場の風景を眺めて鳥肌が立ったりしてる。

特に自転車旅を長くやってきた分、歩きの途方も無さはより強く実感する。まぁもう歩きの方が期間は長いし、それも慣れたけどね笑笑

よく横石が提唱する「苦しさも飼い慣らせば苦しさではなく当たり前になる説」

そう、歩き旅は一歩の苦しさも歯を食いしばって飼い慣らしていけばそれがいつか当たり前になって、より長い距離を歩けるようになる根性ゲームなのだ。ようするに途方もない距離を歩けば歩くほど強くなるRPGってことです。ちなみにプレイ時間は魔王を倒すまでだいぶかかります。

最後はお決まりの「#よーだいポーズ」

最近巷で(ほんっとにごく一部ね笑)このポーズを真似してもらって名前までつけてもらったので本家としてやはりやっておかねばならぬ

元々このポーズしたのは

自転車日本一周の時の北海道でのワンシーンが始まりなのだが、ずっと応援してくださってる方々からするとこのシーンはだいぶ印象に残っていらしくて「よーだいくんはこのポーズでしょ」みたいに言われるの地味に嬉しいわけよ

そんなこんなで鳥取砂丘はのんびり3時間ほど滞在したが、砂丘から鳥取市街まではわずか5キロほど。のんびりお昼過ぎに鳥取砂丘を離れ市街地へ向かう

小高い丘のトンネルを抜けて市街地が見えるが、相変わらず鳥取市街はのどかだ。県庁所在地なのに高い建物とか一切ないんだもん。

鳥取の中心、駅から500mはなれただけの駅近でもこののどかさ。

さらに駅前通りもこうきたか!!

いやこれ本当に鳥取駅のすぐ目の前。

大体地方の県庁所在地って広い道路沿いに大企業とか地銀のビルが立ち並んでてそこそこ都会の風景が広がるものだが、鳥取は本当に建物が高くないのよ。disってるわけではなくて、旅人にとってそれは心地いいものなんだよね。都会は落ち着かないからさ。

ちなみに今日一衝撃はこれ

駅前の駐車場。30分100円。

これが郊外だったらまだわかる。

ただここはマジで駅前だからね?衝撃すぎない?東京の人からしたら意味わかんないでしょこれ。旅人でも意味わかんないんだもん。

そんな衝撃もありながら今日手配していただいたホテルへ

ホテルニューオータニ鳥取なのだが、いつもお世話になってるヨシヒロさんがお知り合い経由で手配してくださり、チェックインも14時という早めの時間にしてくださったので本当にのんびり出来そうだ。やっと疲れた体を存分に癒せる…

そしてお部屋に案内されると

なんとホテルの方のご好意で、まさかの広々ツインルームへ

いやー、荷物たくさんあるから本当にありがたいです…どっちのベッドで寝ようか悩んだけど、まぁ贅沢に昼寝は左側、夜は右側で寝ようかな?!(二度とできない贅沢な使い方)

部屋に14時半に着いてからは疲れがどっと出て、そのまま17時まで爆睡。

そしてその後はヨシヒロさんに手配してもらった夕食会場へ

最上階で夜景も眺められるこのロケーション

料理はコース料理

こういう時にだけ服のレパートリーが少なすぎる旅人の自分を恨む。どうせならもっとおしゃれな服を着て気分も乗せて楽しみたいものだ。もちろん持ってないけど。

舌鮃のソテーに

黒毛和牛の網焼き

それにお酒を嗜み、なんと大人な夜

普段横石家は超一般家庭なのでこんなお店もちろん来たことないし、贅沢な外食は月1あるかないかのはま寿司か焼肉キングだったのでテーブルマナーなんて全く勉強する環境じゃなかったが、流石にこういうところに来ると自分で検索して学ばざるをえない。なんならこの格好でこの場にいる時点で恥はかき捨てなので余裕でお店の方に聞いて勉強出来るので、本当の意味で大人の階段をこの旅で登っている気がする。

否、ヨシヒロさんに登るお手伝いをしてもらっているという言い方が正しい。

本当にいつもいつも、ここぞという時にこういうサプライズをしてくださって、感謝しかありません…ありがとうございました。

まぁそんなにペコペコしても、ヨシヒロさんもしっかり旅人で若い頃に色んな人に貰った恩をこうして繋いでいると言ってくださるので、横石もこの御恩を忘れずに繋げなきゃな。もちろんヨシヒロさんだけでなく、本当に沢山の方にお世話になっているのだから。

こうしてリフレッシュin鳥取の贅沢な夜は更けていくのであった…

歩行距離 17キロ

鳥取県岩美町→鳥取市

総歩行距離 2682キロ

今日もブログを読んでくださりありがとうございます!ブログランキングにも参加しているので是非下の日本一周ボタンを押して応援してください!

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ


にほんブログ村

6 件のコメント

  • Hello there! I could have sworn I’ve been to this web site before but after looking at some of the posts I realized it’s new to me. Anyways, I’m certainly delighted I came across it and I’ll be book-marking it and checking back regularly!|

  • コメントを残す